屋根修理ドクター 伊名波のブログ

やねやねやね 屋根修理ドクター 伊名波のブログ

2018年02月05日ベランダからの雨漏り、放っておくと大変なことに!

ベランダからの雨漏り、放っておくと大変なことに!


「1階なのに天井から雨漏りがする…。」

屋根から雨水が侵入してくるイメージの強い雨漏り。1階でも雨漏りが起こるの?そんな声が聞こえてきそうですね。

雨漏りの原因は、実は屋根のダメージだけではありません。

お家の1階から雨水が漏れてきたときにまず疑えるのが、ベランダからの雨漏りなんです。

今回は、つい見過ごしがちなベランダからの雨漏りについて詳しく見ていきたいと思います。

ベランダからの雨漏りの発生原因

雨ざらしのベランダは、屋根や外壁と同じく経年による劣化や災害のダメージを受けやすい場所です。

そのためベランダひとつをとっても雨漏りの原因箇所は多岐にわたります。

■防水層の劣化
ベランダの床面には防水層が施されています。防水層は防水用塗料を塗ったものや防水シートを張ったものまで様々ですが、経年により劣化するとひび割れや裂け目が生じてしまいます。損傷個所から雨水が侵入し、雨漏りの原因となります。

■ドレン(排水溝)の詰まり
ベランダに入ってきた雨水はドレン(排水溝)を通って雨樋へ流れていきます。そのためドレンにほこりやごみが詰まっていると雨水を上手く流すことができず、防水層を超えた水がドレン周辺の亀裂や隙間から漏れて雨漏りになってしまうことがあります。

■サッシや壁面との接合部の隙間
ベランダの防水面と外壁の接合部、または窓のサッシと防水面とのつなぎ目にはコーキング材が使用されています。樹脂からできたコーキング材は新しいうちは弾力がありますが、経年や汚れ、災害などによってひび割れが生じ、雨水が屋内へ入り込む原因となります。
ベランダから雨漏りするとどうなるの?
屋根からの雨漏りとは異なり、ベランダの雨漏り、入り込む雨水の侵入経路はさまざまで特定がしにくいことが多いです。

そのため、屋内の天井や壁に影響が出ている段階ではすでに建物の内部まで腐食が進んでいる可能性があります。ベランダの損傷個所を修理するだけでは間に合わないこともあるでしょう。

ベランダ周辺のひび割れや水たまりに気づいたら、雨漏りが発生するまえに修理業者に相談してみてくださいね。

「ベランダ屋根」の雨漏りにも要注意!


ベランダから室内への雨漏りだけでなく、ベランダ屋根の雨漏りにも注意が必要です。

強化プラスチックやポリカーボネートを使用したベランダ屋根は、雨風や太陽光によりひび割れや変形が生じやすいといえます。

損傷したベランダ屋根の雨漏り修理が必要となるのはもちろんのこと、ベランダ屋根からの雨漏りや不具合が建物自体の劣化を引き起こすこともあります。

「ベランダの屋根だから」とないがしろにせず早めの対処を心がけましょう。
ベランダからの雨漏り修理もお任せください
やねやねやねは雨漏り修理のプロフェッショナルです。

屋根にかぎらずベランダや窓のサッシ、通気口などさまざまな原因から起こる雨漏り修理をおこなっています。

雨漏りにお困りのお客様はぜひ一度ご相談ください。

紹介しても嬉しい、される方も嬉しいお得なキャンペーン実施中!
屋根トラブルでお困りのお友達をご紹介ください。
屋根修理&工事お友達紹介キャンペーン

ご紹介の際は、ご連絡先をお伺いできれば、当社よりご連絡いたします。
ご紹介者の方から直接ご連絡頂いてもOK!ぜひお気軽にご紹介ください!

屋根に関する事ならなんでもお気軽にご相談ください。
LINE@なら24時間受付中!

こんなとき、まずはお電話1本!

無料点検・相談・お問い合わせは年中無休!

フリーダイヤル急にもいい屋根屋さん!

0120-920-183

受付時間:9:00~18:00【月〜土曜】

LINEなら24時間 年中無休! メールでのお問い合わせ
お問い合わせはお気軽に!広島の雨漏り現場に即お伺い!屋根修理ドクターが駆けつけます!
対応訪問可能エリア
広島市(中区・南区・西区・東区・安佐南区・安佐北区・佐伯区・安芸区)
安芸郡・廿日市市・東広島市・呉市・大野町
おすすめコンテンツ!