屋根修理ドクター 伊名波のブログ

やねやねやね 屋根修理ドクター 伊名波のブログ

2018年02月23日サンルームからの雨漏り!原因と修理方法は?

サンルームからの雨漏り!原因と修理方法は?

天井から壁にかけてガラス張りにしたサンルームは、その名の通り日光を多く取り入れるために設けられた部屋です。

室内にいながらベランダのように日光と開放感を味わうことができるサンルーム。一度は憧れた方もいるのではないでしょうか?

陽だまりのなかで読書やティータイムなど思い思いの時間を過ごせるのが魅力的ですが、実は雨漏りのご相談が多い場所でもあるんです。

サンルームから雨漏りが発生する原因にはどんなものがあるのでしょうか。修理方法とあわせてご紹介します。

サンルームから雨漏りする原因

床以外の全ての面にガラスやアクリル板が施されているサンルームは、素材のパネルをつなぎ合わせるサッシ部分が多い構造になっています。

素材のつなぎ目が多いということは、それだけコーキング箇所も多くなるということ。施工不良で少しでもすきまが開いていたりコーキング材が劣化してひび割れが生じると、そこから雨水が侵入して雨漏りの原因となります。

またサンルームは外壁部分へ後付けすることも多いです。そのため壁面へ固定するネジの穴から雨水が漏れてきたリ、凸凹のある外壁材やタイル仕上げの場合には完全にすきまが埋まっていないこともあります。

 

サンルームの雨漏り修理の方法は?

サッシ部分のすきまやコーキング材の劣化、外壁面との境目が原因となることが多いサンルームからの雨漏りを止めるには、コーキング材の打ち直しが基本的な方法です。

コーキング材で埋めるだけならDIYでもできるような気がしてしまいますが、なかなかそうはいかないのが雨漏り修理の難しいところです。

上にも書いた通りサンルームにはサッシ部分が多く、さらに屋根・床面・側面の全てが外壁と接しているため、どこにすきまがあるのか突き止めるのは容易ではありません。

また屋根材に亀裂が入っていたり雨樋の詰まりが原因となっていることもあります。

意外と複雑なサンルームの雨漏り。雨水の侵入に気づいたら雨漏り修理専門の業者へ依頼することをおすすめします。

サンルームは室内?それとも屋外?

ガラスやアクリル板とはいえ空間を囲って雨風を防いでくれるサンルームは、屋外というより室内のイメージが強いかもしれません。

ところがサンルームの雨漏りの原因は、サッシや外壁との境目などベランダからの雨漏りに近いといえるでしょう。

やねやねやねでもサンルームの雨漏り修理をおこなっています。LINEでもお問い合わせを受け付けていますので、ぜひお気軽にご相談ください!

紹介しても嬉しい、される方も嬉しいお得なキャンペーン実施中!
屋根トラブルでお困りのお友達をご紹介ください。
屋根修理&工事お友達紹介キャンペーン

ご紹介の際は、ご連絡先をお伺いできれば、当社よりご連絡いたします。
ご紹介者の方から直接ご連絡頂いてもOK!ぜひお気軽にご紹介ください!

屋根に関する事ならなんでもお気軽にご相談ください。
LINE@なら24時間受付中!

こんなとき、まずはお電話1本!

無料点検・相談・お問い合わせは年中無休!

フリーダイヤル急にもいい屋根屋さん!

0120-920-183

受付時間:9:00~18:00【月〜土曜】

LINEなら24時間 年中無休! メールでのお問い合わせ
お問い合わせはお気軽に!広島の雨漏り現場に即お伺い!屋根修理ドクターが駆けつけます!
対応訪問可能エリア
広島市(中区・南区・西区・東区・安佐南区・安佐北区・佐伯区・安芸区)
安芸郡・廿日市市・東広島市・呉市・大野町
おすすめコンテンツ!