屋根修理ドクター 伊名波のブログ

やねやねやね 屋根修理ドクター 伊名波のブログ

2018年04月14日冬の間の積雪で、雨樋の修理が必要な広島のあなたへ

冬の間の積雪で、雨樋の修理が必要な広島のあなたへ

今年の冬は、広島でも積雪に悩まされたお家も多かったのではないでしょうか。

雪の量が多い冬が明けると、屋根まわりでも、雨樋のトラブルに関する修理のお問い合わせも多くなります。

積雪による屋根のダメージにもいろいろありますが、今回は特に身近な雨樋の破損についてお伝えしたいと思います。

積雪で雨樋が破損する原因

雪と聞くと軽くてふわふわしたイメージを思い浮かべることが多いですが、水分を含んだまま積もった雪が固まるとかなりの重さになることをご存知でしたか?

屋根に積もった雪は春先になると溶け始め、勾配に沿って滑り落ちてきます。その雪の重さは冬の間に含んだ水分で想像以上の重さになっているのです。

そんな重たい雪のかたまりが軒先の雨樋にのしかかると、1点に負荷がかかることになり、部分的に破損してしまう場合があるのです。

具体的には、雨樋自体にひび割れやかけが生じたり、留め具が外れてしまう、曲がってしまい雨樋の勾配がずれて雨水をうまく流せない、などのトラブルが挙げられます。

雨樋はDIYでも修理できる?

ホームセンターや通販などでも販売されている雨樋。少しの損傷なら自分でも治せるのでは?とお考えの方も多いかもしれませんね。

実際に、雨樋をDIYで修理するのは不可能なことではありません。修理の知識と必要な道具が揃っていれば挑戦してみてもいいでしょう。

1階の雨樋であれば、脚立を立てて不具合部分を針金で吊り下げるといった応急処置もできると思います。

ですが、基本的には高所での作業となる雨樋の修理。はしごをかけても不安定なことが多く、危険が伴います。

さらに、見た目には雨樋だけに損傷があるように思えても、実はそれ以外の箇所にもダメージが及んでいることもあります。雨樋のトラブルによって雨水がうまく流れず、屋根や外壁の隙間やひび割れから建物内部に染み込んでいることも少なくありません。

応急処置であればDIYで十分な場合でも、雨樋の異変に気付いたときはできれば専門の業者へ相談してみましょう。思わぬトラブルに気がつくかもしれませんよ。

積雪による雨樋の破損ならお任せください!

意外なことかもしれませんが、雪による屋根トラブルは豪雪地帯よりも雪の少ない地域のほうが大きな被害になることも多いのです。その理由は、ご自宅を建てるときに雪止めなどの雪対策をする家が少ないからです。

広島市やその周辺にお住いの方のなかにも、普段は雪対策が必要ではないからこそ、今年の冬に限って積雪による屋根の被害に遭われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

やねやねやねではどんな小さな雨樋のトラブルでもご依頼があればすぐに駆けつけます!ぜひお気軽にお問い合わせください。

紹介しても嬉しい、される方も嬉しいお得なキャンペーン実施中!
屋根トラブルでお困りのお友達をご紹介ください。
屋根修理&工事お友達紹介キャンペーン

ご紹介の際は、ご連絡先をお伺いできれば、当社よりご連絡いたします。
ご紹介者の方から直接ご連絡頂いてもOK!ぜひお気軽にご紹介ください!

屋根に関する事ならなんでもお気軽にご相談ください。
LINE@なら24時間受付中!

こんなとき、まずはお電話1本!

無料点検・相談・お問い合わせは年中無休!

フリーダイヤル急にもいい屋根屋さん!

0120-920-183

受付時間:9:00~18:00【月〜土曜】

LINEなら24時間 年中無休! メールでのお問い合わせ
お問い合わせはお気軽に!広島の雨漏り現場に即お伺い!屋根修理ドクターが駆けつけます!
対応訪問可能エリア
広島市(中区・南区・西区・東区・安佐南区・安佐北区・佐伯区・安芸区)
安芸郡・廿日市市・東広島市・呉市・大野町
おすすめコンテンツ!